激しい痛みが出たら|費用は極限まで抑えることが可能です【免疫療法の支払い】
女医

費用は極限まで抑えることが可能です【免疫療法の支払い】

激しい痛みが出たら

男性

男性に多い病気

痛風は、風に吹かれても痛いということからこのような名前が付けられています。痛風は尿酸が体内にたまり、結晶化することで激しい関節痛を起こす病気です。男性に多い病気で、男女比は9:1と言われています。女性に少ない理由は、女性ホルモンが関係していて男性よりも尿酸を排泄することができるからと言われています。そのため閉経後の女性では発症する確率が上がります。痛風の症状としては、関節が腫れあがり、足の親指の付け根に激痛が走ります。これを痛風発作と言います。通常、1週間から10日ほどで痛みはなくなると言われています。しかしそのまま放っておくと、半年から1年で再発すると言われており、発症したらしっかりと対処することが重要です。

生活習慣の見直しを

痛風は昔の日本にはない病気で、戦後に増え始めたと言われています。食生活の欧米化や飲酒の増加、肥満の増加などが原因と言われています。痛風の治療法は尿酸値を下げる薬物療法です。痛みが強く出る痛風発作が出ている間は炎症を抑えることが大切です。炎症が治まったら、血液中の尿酸値を下げる薬を飲むことで治療をします。再発を繰り返さないためにも食生活を見直し動物性たんぱく質を減らす、プリン体を多く含む食品を避ける、軽い運動をすることなど生活習慣を見直すこともとても重要になります。また、似たような症状であっても他の病である可能性もあります。自己判断はせずに、内科にかかりしっかり医師の診断を聞くようにしましょう。