近年増加中の腰痛の原因|費用は極限まで抑えることが可能です【免疫療法の支払い】
女医

費用は極限まで抑えることが可能です【免疫療法の支払い】

近年増加中の腰痛の原因

病院

主な仕組みと日常的対策

腰痛にはその原因がハッキリとは分かっていないケースが多く、意外に対処が難しい、厄介な症状となっています。一方で近年、特に高齢者で多く発症する確率が高い原因や例もいくつか指摘されます。その1例に挙げられるものに、脊柱管狭窄症と呼ばれる症状があります。脊柱管狭窄症とは、腰椎の中で神経の束が通っている脊柱管に何らかの変化が生じて、神経の束が圧迫される事で起きる異常を総称した症状です。主な異常としては腰痛の他、歩き続けた時に下半身の痛みやだるさが強まる反面、少し休息すると回復するという間欠性跛行(はこう)と呼ばれるものがあります。これらの症状は加齢による脊柱管の変化の他、変化に繋がる様な長年の姿勢の悪さが影響している確率も指摘されます。したがって日常生活での予防としては、出来る限り姿勢の悪さを避け、腹筋や背筋を適切に鍛えておく事が、他の腰痛への対策を含めて有効とされます。一方で1度発症した場合は、既に脊柱管の変化が起きている状態となるため、予防への工夫とは異なる対処や治療が必要になります。

専門的な対処

脊柱管狭窄症を発症した場合、背中を反らしたり立ったりする事で、脊柱管の内部がより狭くなると症状が酷くなるケースが多いとされます。その逆に、前かがみになったり座ったりする事で、脊柱管の内部が比較的広がれば症状が和らぐ事も特徴の1つとなっています。この様に日常生活では出来る限り神経への負担を少なくする体勢を取りながら、治療に入る事が勧められます。治療では主に薬物を使った内科的な方法と、脊柱管の変形に直接対処する外科的手術があります。通常は軽い脊柱管狭窄症であれば薬物療法によって、酷くなった場合には手術による治療が行われるとされます。薬物療法では主に血流良化や抗炎症作用を持つ医薬品を投与し、症状の緩和を図る目的があります。それでも日常生活が困難な程、症状が悪化していると判断されれば、外科的手術によって脊柱管の内部を広げる治療が行われます。いずれの治療を行う状態であっても、何より重要なのが早期受診とされています。放置すると悪化する確率が高いため、間欠性跛行や下半身の違和感を感じた時は、年齢のせいだと自己診断しない事が勧められます。